AGAの薬を使うと分け目の初毛が早く生える

AGAの薬を使うと、分け目の初毛が早く生えるようになります。髪の毛の分け目は負担がかかりやすい所です。髪の毛を自然な状態にしていなので、毛根に負担がかかって抜け毛の原因になることがあります。分け目だけではなく、他の部分も抜けるようになったら、髪の薄い状態が目だつようになります。男性の場合は、男性ホルモンが原因で抜け毛や薄毛になることが多いです。それがAGAで、一度AGAが始まってしまうとそれを治すのは容易なことではありません。
AGAは体質改善や食生活を改めたら良くなることもあるのですが、時間がかかります。素早く髪が生えてくるようにするには、薬を使うのが一番良い方法です。薬と言っても薬局で買うものではなく、医者に処方してもらうものです。保険は使えないのですが、その薬を取り扱っている病院に行って、相談すれば薬を出してもらえます。その薬はもともとは前立腺の治療に使われていたものです。男性ホルモンが発生するのを防ぐ働きがあります。医薬品なので、安全は高いです。まれに性欲が減退するといった副作用が出ることがあります。
病院で処方されたAGAの薬を飲むと3ヶ月ほどで効果が出てきます。一番最初に出てくる効果は、生え際に産毛が目だつことです。4ヶ月ほどすると、分け目の初毛も生えてきます。6ヶ月ほどすると、薄毛が目だたなくなります。分け目の初毛は太くなります。この薬は長い間飲まなければ、効果が出ません。最低でも1年は飲むようにしましょう。保険が使えないので、高いですが、高いお金を払う価値はあります。飲んでから1年たつと髪の毛の状態が完全に良くなります。それ以降も飲み続けると、髪が生えた状態が維持されます。