AGAに影響ある飲酒による肝臓負担と金髪の頭皮負担

過度に飲酒をしすぎることによって二日酔いで体調が悪くなったり、臓器に負担がかかり障害が発症したりといった健康を損なう原因となります。
また、過度な飲酒はAGAが進行する原因にもなります。
なぜならば、お酒に含まれるアルコール分が肝臓で分解される段階でアセトアルデヒドが発生するためです。
過剰なアセトアルデヒドが発生してしまうと血液の中に含まれている栄養素や酸素を消費してしまい、髪の毛に栄養素が
届かなくなり細く衰えていってしまいます。
その上に、アルコール分が肝臓で分解するプロセスで髪の毛を作る材料となるメチオニンやシステインというアミノ酸が、たくさん消費してしまいます。
また、髪の毛を金髪にしたり、白髪を染めたりするときにはカラーリング剤を使います。
カラーリング剤には幾つかの種類の商品が販売されていますが一番一般的に販売され、利用されているのが永久染毛剤という種類のカラーリング剤です。
永久染毛剤は髪の毛に付着させると染めた色が落ちにくく、長持ちをするというメリットが挙げられるのですが、その一方で、髪の毛にダメージを与えてしまうというデメリットもあります。
永久染毛剤は、過酸化水素やジアミンという成分が含まれているのですが、これらは髪の毛を覆って保護しているキューティクルの中にまで染み込んで、髪の毛を構成するタンパク質同士の結びつく力を弱めてしまいます。
そうすると髪の毛にダメージを与える原因となってしまいますし、そのダメージは頭皮や毛根にまで及んでしまうことがあります。
若いころに金髪や茶髪にするためにブリーチするタイプのヘアカラーを使ったところ抜け毛が多くなってしまったという人は少なくありませんが、そうなったのは毛根や頭皮にカラーリング剤がダメージを与えるためです。