AGAにはフィナステリドと共に牡蠣の力も借りてみる

AGAとは男性型脱毛症と訳される症状です。思春期以降の男性にあらわれる頭髪トラブルで、頭頂部にOを描くような、額の両端からMの字を描くようにして薄毛が広がっていくのが特徴です。原因は様々ありますが、いちばんは男性ホルモンと特定酵素の結合だと言われています。男性ホルモンは、もともと皮脂を分泌させたりして発毛を阻害するような働きがあります。しかしこれが特定酵素と結合すると、ますますその作用が強くなる物質へと変化してしまうため、より発毛や育毛が阻害されAGAの症状が出てくると言うのがそのメカニズムです。この原因を解消するのは、自分ひとりの力では難しいです。そこで利用されるのがAGAの治療薬であるフィナステリドです。この薬はもともとは前立腺疾患の治療現場で使用されていた薬で、男性ホルモンや特定酵素の分泌を抑制し、ふたつの結合を予防する成分が含まれています。そのためAGAにおいてフィナステリドを継続して飲み続けていると、かなり高い割合で症状が改善されることが明らかになっています。しかしAGAの原因は他にもあります。そのため人によってはフィナステリドだけでは改善が見込めないと言う場合もありますし、そうでない人でもフィナステリドと共に発毛や育毛を阻害する成分を摂取すれば、より高い改善効果を期待することができます。そこで推奨されるのが牡蠣です。牡蠣には亜鉛が豊富に含まれています。亜鉛は細胞の新陳代謝を促進する作用があります。そのことから頭皮の生まれ変わりを促進させ、その健康状態を健やかに保つ効果が期待できると共に、髪の毛の生まれ変わりにも大きな作用を及ぼすとされています。更に髪の毛の材料はタンパク質なのですが、亜鉛にはこのタンパク質の合成を助け、髪の毛を作る作用もあります。ですから、フィナステリドと共に亜鉛が含まれた牡蠣を摂取するようにすれば、大きな効果が期待できます。