産毛の脱毛と腋下脱毛の特徴とAGAの症状と毛周期

夏になると肌を露出する機会が多くなりますが、肌の露出に伴いムダ毛処理をいつもよりも念入りにと考える女性は多いものです。

足や腕と言った部分は露出する部分でもあるわけですが、夏場にはノースリーブやタンクトップと言ったファッションを好む人も多く、腋下脱毛を考える女性も少なく在りません。

腋下脱毛は脱毛サロンや脱毛クリニックなどで施術を受ける事でムダ毛の無い状態にすることが出来ますが、脱毛は1度の施術で完了するものでは無く、繰り返し施術を受ける事でムダ毛の量は少しずつ減少し、数回の施術が完了した時にはムダ毛が無い状態にすることが出来ます。

脱毛サロンではジェルを塗布した後に特殊な光を照射させる光脱毛で行うお店が多く在りますが、フラッシュ脱毛やIPL脱毛、S.S.C.脱毛など、脱毛サロン毎に異なる脱毛器を利用して行われ、光の出力により熱エネルギーが作り出され発毛組織の機能を低下させると言った仕組みで施術が行われていきます。

一方、脱毛クリニックなどの場合は医療レーザーによる脱毛が主流となっていますが、脱毛サロンでの光脱毛や医療レーザーによる脱毛は産毛のような細い毛に対する脱毛効果は弱く、黒い毛と比べると脱毛にかかる時間も長くなります。

所で、AGAは薄毛の種類の一つになりますが、AGAの特徴は脱毛の施術を受ける時に重要視される毛周期が乱れる事で起きるもので、毛周期を乱す男性ホルモンを抑制させることがAGA治療には必要とされています。

腋下脱毛の場合は1~2ヶ月に一度の割合で施術を繰り返すことで成長期の毛が抜け毛となり、それ以外のサイクルに入っている毛は再び伸びて来て、そのタイミングで脱毛を繰り返すことでムダ毛の無い状態に導いてくれます。