AGAとその他のハゲ方の違い

薄毛といっても様々な種類の薄毛があるので、まずはどのタイプの薄毛であるのかということを知ることによって、対処法を考えていくことになります。最も多い薄毛のタイプとしては、AGAによる薄毛であるといわれていますが、他にも円形脱毛症や皮膚の症状により薄毛になることがあります。まず、AGAに関しては、もっとも大きな原因としては、男性ホルモンの一種であるホルモンが髪の毛の正常なサイクルをストップさせてしまうことにより起こるといわれています。ですから、いくら頭皮の表面に働きかけても、薄毛は進行していってしまうということになります。AGAの場合、どういうハゲ方をしていくのかというと、基本的には頭部の頭頂部か前頭部の髪の毛から徐々に薄くなっていくというハゲ方をしていきます。また、一気にハゲるのではなく、徐々に薄くなっていき、産毛の状態になっていくという形になります。産毛の状態から通常はしっかりと太い髪の毛に成長してから生え変わるわけですが、AGAの場合は、産毛の状態で抜け落ちてしまうということになります。最終的には頭頂部の広範囲、もしくは前頭部の広範囲の髪の毛がほとんどなくなるといった状態になります。このような場合はリアップで髪を生やすのが良いでしょう。次に、円形脱毛症の場合は、原因は主にストレスが関係しているといわれていて、ハゲ方については、10円玉くらいの範囲のみにハゲができるといった特徴があります。一部分だけの髪の毛が全くない状態になるので、かなり目立ってしまうこともあります。ただし、円形脱毛症の場合は、精神状態などが安定したりすれば、再び髪の毛は生えてきます。皮膚の状態により薄毛になっている場合は、頭皮環境が悪化していることが原因になっていると考えられます。特に頭皮に脂が溜まって髪の毛の成長に影響を与えていることがあります。ハゲ方としては、頭部の広範囲にわたってまだら状に薄くなっていく傾向があります。

AGAはどうやって判断するのか

男性の中には、薄毛で悩む人がたくさんいますが、その多くがAGAであるといわれています。しかし、薄毛であるからと言って、誰でも必ずしもAGAであると断定することはできません。もし、AGAではない薄毛の場合、最近増えてきた医療機関で行うことができるAGA治療では、効果を得ることができないということになります。では、どのようにして自分がAGAであるかどうかを判断するのかというと、まず自分の薄毛の状態である程度判断することができます。もし、自分の薄毛の状態が頭頂部や額の生え際の髪の毛の一部が細くて、薄い状態であるのであれば、AGAである可能性が高いということになります。そしてその状態が、20代の頃から始まり、徐々に進行していっているのであれば、可能性はより高いということがいえるでしょう。次に、検査によって判断するという方法もあります。AGAは遺伝性があるので、遺伝子検査をすることによって、自分の薄毛の状態を判断することができます。方法としては、主に自分の口の中の粘膜を採取して郵送したり、直接医療機関にいって検査をすることができます。遺伝子検査であれば、科学的な根拠に基づいて判断するので、かなり高い確率で判断することができます。また、単に薄毛の原因を判断するだけではなく、薬の効果がどれくらいであるかということも判断することができるようになっています。検査をしないで判断する方法もあり、例えば、自分の父親や祖父、親戚に薄毛の人が多い場合はAGAを発症する可能性が高いということになります。ただし、これは自分の目だけで判断することになるので、医療機関の検査よりも精度の高い判断をすることは難しいといえるでしょう。

AGAの進行速度とは

男性脱毛症はAGAとも呼ばれ、多くの男性の薄毛の症状はこのAGAであるといわれています。AGAの特徴としては、早い人だと20代前半あたりから、徐々に頭部の頭頂部や前頭部の髪の毛の一部が薄くなっていくという特徴があります。そのままの状態が長年続くと、広範囲にわたって髪の毛が薄くなり、頭頂部あるいは前頭部の髪の毛がほとんどない状態になってしまいます。どのくらいの期間でそのような状態になるのかということに関しては、個人差がありますが、早くて30代後半あたりになると、一部の髪の毛が生えていない状態になることがあります。ただし、これはあくまで一例であり、進行速度も様々です。人によっては、一気に抜け毛が増えて、薄毛が進行していくというタイプもありますし、ゆっくりと薄毛が進行していき、50代くらいで薄毛が広範囲にわたり広がるということがあります。そこで、このような状況を防ぐために、最近では薬を服用することでAGAの進行を止めることができます。なぜ、薬を内服するとAGAの進行を止める、あるいは遅らせることができるようになるのかというと、薬の中にAGAの原因とされる男性ホルモンの一種の働きを抑える成分が含まれているからです。この薬を服用すれば、状況にもよりますが薄毛の進行を止めることはできるようになります。もし、薬を服用してAGAの進行を止めるのであれば、なるべく早い段階で服用していくということが大事になってきます。服用時期が早ければ早いほど、進行を止めることができます。しかし、かなりAGAが進行した段階で薬を服用しても、あまり効果を感じることができなくなってしまいます。最近では、遺伝子検査などで自分が薄毛になるかどうかを判断することができるようになってきますから、事前に検査をしてみるということも大事になってきます。

■AGAにはフィンペシアが効果的です
フィンペシア 効果
■AGAでお悩みの方はプロペシアを使いませんか?
プロペシア 通販